お知らせ

阿弥陀如来様

倚りかかりなさい

阿弥陀様の耳は大きい。

それは、言葉にならないほどの悲しみの心を、涙を、存在を聞いておられるんだ。聞き漏らすことがないように。

阿弥陀様の目は細い。

それは、一緒に泣いてくださっているんだ。分け隔てなくみんなの苦しみに涙し、瞼が腫れておられるんだ。

何というやさしいお耳と、目。

私とは違って。

阿弥陀という仏さま。

座っておられない。立っておられる。

そして、よく見ると、前かがみ。

それはそのまま、この仏さまのお心をあらわす。

こんな話を聞いたことがあります。

5階建てのビルの2階で開催された食事会。

「火事だ~!!」

1階から火の手が上がる。

猛烈な勢いで燃え広がる火。

上へ上へと燃え上がる。

どうしていいか分からず、逃げ惑う参加者。

「とりあえず、上へ逃げよう!」

1人の若者が意を決し、3階、4階へと階段を駆け上がる。

5階。屋上。

もう、逃げる所がなく、万事休す。

火はますます盛んに燃え上がる。

「もう、だめだ」

なすすべなく膝を抱え、うずくまる若者。

すると、かなた下方から1つの声。

「飛び降りろ~!!」

屋上から下を覗き見ると、地上に大きなクッションマットが敷かれている様子。しかし、5階からは小さな座布団のよう。

「ここに着地すれば助かるぞ~!!」

「どうしよう・・でも少しでも着地点がずれると・・・」

踏み出せない若者。再びなすすべなくうずくまる。

すると今度は上方より大きな音。

「バラバラバラ」

ヘリコプター。そして、ハシゴが下りてきた。

若者のすぐそばに下りてきたハシゴ。

その先には、屈強な装備を身に着けた、自衛隊員。

若者のすぐそばで手を広げたその方から、聞こえてきた言葉。

「倚りかかりなさい。そうすれば絶対に助かる」

若者は、力なくただ身を寄せた。

そして、助かった。

という話。

阿弥陀という仏さま。

立っておられる。

それは、私たちが飛び降りるのを「待たない」ということ。

私たちが助かりたい、と何か頑張るのを「待たない」

それは、あてにならないことだと知っておられるから。

そして前かがみ。

それは「準備が出来ています」ということ。

そして「あなたのそばに来てますよ」ということ。

あなたが助かる準備は出来ている。そしてもうあなたのそばにいる。

合掌して、お念仏。

「南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏」

「私に、倚りかかりなさい」

そんな声が、聞こえてくる。

PAGE
TOP